納得の行くFX海外業者

比べてみよう!トップFX海外業者

信頼性の高い約定力

sdkfireus8
かつて地中海のタックスヘイブンとして栄え、現在も欧州の金融拠点であるキプロスにXEマーケットの本社はあります。老舗のFXブローカー、TradingPoint社がFX部門の独自ブランドとして立ち上げた業者です。XEマーケットはキプロスから、ヨーロッパはもちろんのこと世界中にサービスを展開しています。日本もサービスの対象としており、公式サイトの日本語訳やサポートの日本語対応が行われています。

多くのトレーダーが何を求めてXEマーケットを利用するかといえば、真っ先に挙げられるのはその高い約定力です。FX業者選びでは、取引コストであるスプレッドの狭さばかりがクローズアップされがちですが、経験を積んだトレーダーならば安定したスプレッドできちんと約定することの大切さは身にしみてわかっているからです。

為替取引にはスリップ、スリッページ、もしくは「すべる」という現象があります。注文を出してから売買が成立するまでのわずかな時間に取引レートが変動して、意図しないレートで注文が通ってしまう現象のことです。FXはいくらこちらが買いたい、売りたいと思っても、反対の売買をしてくれる相手が存在しなければ注文は約定しません。約定力の低い業者では、カバー力が弱く反対売買の相手を見つけられないケースがあるのです。XEマーケットのカバー力には定評があり、しかもXEマーケットが一度こちらの注文を呑んでから反対売買の相手を探すというシステムを原則としてとっています。そのため、売買の相手が見つからず注文が通らない、もしくはレートが滑るという現象は起きづらいのです。

・888倍までかけられるレバレッジ

XEマーケットでは888倍という非常に高率のレバレッジをかけることが可能です。日本国内がFX規制により25倍までのレバレッジしか許されていないことを考えると、その倍率がいかに高いかがわかります。実はこの約定力に人気が集まるのは、この高いレバレッジを生かすためでもあります。高レバレッジにはリスクコントロールが欠かせませんが、損切りなどのリスク管理が成立するのはきちんと注文が約定してこそです。注文が十分に通らない環境でハイレバレッジの取引はとてもできません。XEマーケットの約定力は888倍のレバレッジに奉仕するためのものなのです。

・追証ゼロシステムで万が一の為替変動も安心

FXのリスクとしてもっとも恐ろしいのは追証です。証拠金取引は資金を一時的に借りて取引をしているので、あまりに損失が大きいと口座に入れた資金以上の金額の返済を求められる可能性があります。それを防ぐために、口座の資金が尽きそうになると自動で損切りが行われるシステムがどの業者にもあるので、普通は追証を心配する必要はありません。

しかし、先日のスイスフランショックのように、数分でレートが何十円も変動する状況となると、損切り注文を出していても取引をする相手が見つからず、損切りで指定したレートから大きく離れたレートで損切り注文が約定してしまうことがあります。日本国内の最大レバレッジ25倍で取引をしていた人を例にとると、おおよそ資金の10倍の金額の支払いを求められることになったのです。注文が通らない状況ではリスクコントロールもあったものではありません。おそらくこれがFX最大のリスクでしょう。

そこでXEマーケットでは追証ゼロシステムを採用しています。XEマーケットではどれほど追証が発生したとしても支払いを請求されることはありません。先日のスイスフランの件でも、巻き込まれた人の口座資金は残念ながらゼロになってしまいましたが、XEマーケットではそれ以上の支払いを求められることはありませんでした。XEマーケットの追証ゼロシステムは、FX最大のリスクである追証を回避できる現時点で唯一の方法なのです。


その他の情報

追加情報

当ウェブサイトナビ
























(c) knowgrace.org