納得の行くFX海外業者

比べてみよう!トップFX海外業者

スプレッドが安定した傾向にあるiForex

sdf67us8
日本国内だけでなく、海外にも数多くの業者が新たに誕生を続けているFX業界。数が増えた分だけ競争も激化し、サービス面の充実、特にユーザーのコスト削減を重視した業者が非常に増えています。かつては僅かだった「手数料無料」を謳う業者も、今では全く珍しくありません。そして手数料の次に業者競争のターゲットとなっているのは「スプレッド」。「スプレッドの低さ」を全面に打ち出した業者が年々増えているのです。

「スプレッド」というのは、商品を売り買いした際の差額のこと。簡単に言えばこのスプレッドが業者側の利益となり、同時にユーザー側にとっては投資の際にかかる「経費」ということになります。投資をする人たちにとって、経費はできるだけ抑えたいもの。スプレッドが低ければ低いほど経費は削減できるのですから、やはりスプレッドの低さは魅力的です。

さて、この観点から見ると『アイフォレックス』のスプレッドはごく平均的と言えます。上記のとおり「超・低スプレッド」を謳う業者が珍しくなくなった昨今では、『iForex』のスプレッドを広く感じる人も居ることでしょう。
「何はともあれ低スプレッド」という人には『iForex』はあまり向いていないかもしれません。

しかし、FX投資において「実際の収益に繋がるのは、必ずしもスプレッドに限らない」という点は留意しておくべきです。もちろん、取引環境も最良な上に安定したシステムを持ち、その上で低スプレッドという夢のような業者があれば、それに越したことは無いでしょう。
しかし残念ながら、そこまで全てを兼ね備えた理想的な業者は無いというのが現状です。

実際のFX取引で勝つためには、スプレッドよりも約定力、そしてスリッページが起こらないという2点を重視すべきではないでしょうか。どんなに狭いスプレッドであっても、約定を拒否されたり、狙った時間に約定が確実に行われないのでは、まったく意味がありません。

またスプレッドの狭さを売りにしている業者でも、相場の変動によってスプレッドを広げてしまうというケースは多々有るのです。これに比較すると『iForex』はスプレッドが安定した傾向にあります。経済指標発表後等には相場の大変動が起こりがちですが、このようなときにも『iForex』はスプレッドを広げすぎるということがなく、安心して利用できます。


その他の情報

追加情報

当ウェブサイトナビ
























(c) knowgrace.org