納得の行くFX海外業者

比べてみよう!トップFX海外業者

FXとバイナリーオプションの違い


近年では、それまでの株取引や不動産売買、投資信託などといったものとは違い、新しい形態を持った投資取引に人気が集まっており、それがFX取引とバイナリーオプション取引となっています。

この2つの投資取引は、比較的に近い時期に人気を得たことと、これまでの投資とは違って、少ない資金で始められたり、取引時間に制限がなかったりなどするために、これまで金銭面や時間的な制限によって投資を行うことができなかった、サラリーマンや学生、主婦層などに広く波及していき、その副業としても人気を集めることとなっているのです。

さて、こうしたことでよく混同されることがあるFXとバイナリーオプションですが、実は全く違った特性を持ったものになり、それぞれに得手と不得手が存在しいるために、このどちらかで投資を行おうと考えているのであれば、それぞれの特性をよく理解して置く必要があります。

FXでは通貨を銘柄にしており、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して取引きを行います。
新規の注文で通貨を保持し、その通貨にレート変動によって利益が生じるのを待ち、その後に通貨に決済注文を入れることで解消し、残った利益を得るという形をとります。

こうしたことからFXでは、為替レートの変動で利益の大きさが変わることが特徴の一つになります。
また、レートの変動は利益の方向ばかりに動くとは限りませんので、時には損失の方向にレート変動が起こることにより、利益を被ってしまう可能性もあり、これがFX取引の特性といえるでしょう。

対してバイナリーオプションは、通貨だけではなく、有名企業株や世界の証券取引所の株価指数、原油や天然ガス、プラチナ、金、小麦、コーヒーというような、エネルギーや鉱物、農作物といったものも、取引きの銘柄として利用されます。

こうしたものの相場のレートの変動を利用し「相場レートが、一定の時間後に、あらかじめ決められた条件を達成できるかどうか」に対しての投資を行い、条件が達成されれば利益がでて、達成できなければ損失が生じる、という事を取引きのルールとして利用しているのです。

このように多様性を持ったバイナリーオプションですが、よく利用されているものは通貨を銘柄にしたもので、取引きのルールにはハイ&ローオプションというものが使われていることがほとんどです。

これにより「現在1ドル100円の為替レートは、2時間後には1ドル110円よりも高くなっているか、低くなっているか」という二者択一の条件のどちらかを選択するという、シンプルな取引ルールになっているものになり、投資家はどちらかに投資を行い、2時間後の判定を待って、判定が正解になれば投資した金額に応じた利益が払い出され、不正解であった場合には投資金が失われて損失になる仕組みになっています。

バイナリーオプションでは、相場のレート変動の大きさが利益や損失に影響をすることがないために、自分の投資した金額から利益と損失が予測でき、投資取引の初心者にも資金管理が簡単に行える投資取引として人気があり、こうしたことがバイナリーオプションの特徴の一つと言えるでしょう。


その他の情報

追加情報

当ウェブサイトナビ
























(c) knowgrace.org